ブラックジャック

ブラックジャックのカウンティング方法とカジノの対策

2016年12月10日

ブラックジャックのカウンティング

ブラックジャックのカウンティングは、禁止されていないカジノでできます

(参考)禁止されていないカジノ情報

ただし有名なカジノやオンラインは、禁止や自動シャッフルでできないことが多いです。ですが世界中でできるカジノがあるなら、やり方を知っておいて損はないと思います。

ポーカー獲得賞金ランキング世界一のプロギャンブラー「世界のヨコサワ」さんの、動画解説が特に勉強になりました。

カウンティングのやり方(動画解説)

まずカードを3種類に分けて、カウントのプラスマイナスを決めます。

カードの数字とカウント

  • 2・3・4・5・6→「+1」
  • 7・8・9→「0」
  • 10・J・Q・K・A→「−1」

「−」は絵札がたくさん出ていて勝ちにくく、「+」はこれから絵札が出る確率が高く勝ちやすくなります。

この「+」が増えた時が大きく賭けるタイミングです。

ポーカーの獲得賞金ランキングで世界一になったプロギャンブラー「世界のヨコサワ」さんが、カードカウンティングのやり方を動画解説しています。

バレてカジノを出禁になる人の特徴

カウンティング自体は違法でもイカサマでもないですが、毎回勝たれたらカジノは赤字です。そのため監視ルームを設置し、目立った勝ちや不審な動きがあったプレイヤーは出禁になることが多いです。

出禁になる人の特徴

  • ベットが急に高額になる
  • 目線や動きが不自然
  • 同じエリアのカジノを何度も訪問

映画「ラスベガスをぶっつぶせ」では、マサチューセッツ工科大学などの学生・卒業生がチームを組んで役割分担をし、バレないように何度も練習しています。

カウンティングが禁止されていないカジノで勝率アップ!

カジノがCSM(Continuous Shuffling Machine)というシャッフルマシーンを導入していると、毎回カードがリセットされるためカウンティングができません。

このシャッフルマシーンに関して、先ほど動画で紹介した世界のヨコサワさんは、自身のYouTubeチャンネルのコメント欄でこう答えています。

今でもカウンティングが出来るカジノは世界中に無数にあります

ヨーロッパ、アメリカ僕が見てきただけで20箇所以上ありますが、更に東欧や中東、発展途上国とか僕の行った事のない国だとシャッフルマシーン自体存在しない国も結構たくさんあるみたいですよ!

(引用)世界のヨコサワチャンネル

シャッフルマシーンを使っていないカジノでプレイすれば、カウンティングで勝率を上げることができます。

オンラインもカウンティングは難しい

オンラインカジノは目の前にディーラーや監視カメラはないので、ゆっくりメモを取りながらカウンティングできる環境にはあります。

ですが3つの理由で、実行は難しいです。

ネットカジノも難しい理由

  • 利用規約で禁止されているところもある
  • 毎回または半分のデッキで自動シャッフル
  • デッキ数(トランプ1組)は「8」でリアルカジノの「6」より多い

オンラインだからこそ、システムによって自動制御されています。

練習できるスマホアプリ

カードカウンティングができる、ブラックジャックアプリを紹介します。

カウンティングアプリ

MobilityWareのアプリは、カウントを画面右下に出すことができます。さらにベーシックストラテジーのヘルプ機能も付いています。

ネットカジノで稼ぐなら基本戦略に忠実に

オンラインカジノは、規約禁止や自動シャッフルでカウンティングが難しいです。そのため基本戦略(ベーシックストラテジー)に忠実に、実力をつけることを意識しています。

ベーシックストラテジーをすべて覚えるのは少し大変なので、ポイントを押さえて条件反射でベットできるようにしています。

ブラックジャックで2万円勝ち
ブラックジャックで勝つためのおすすめな賭け方

1プレイで2万円(200ドル)勝ちました。オンラインカジノの「ビデオゲーム」はコンピュータ対戦なので、ベーシックストラテジーを見ながら自分のペースでプレイできます。 (参考)ベーシックストラテジー表 ...

続きを見る

ブラックジャックはパターンが明確で勝ち方がロジカルなので、学ぶほど勝率は上がります。

どのオンラインカジノでもプレイできるので、無料プレイ付きやランキング上位の人気カジノで遊んでみてください。

-ブラックジャック

© 2021 カジプレ