ポーカー

オアシスポーカー(ドローポーカー )のルールと勝ち方

2015年7月15日

オアシスポーカー(ドローポーカー)で1万円勝ち

オアシスポーカーは「ドローポーカー」の派生ゲームで、一度だけカードを交換できます。ドローポーカーは任天堂のトランプにも採用されていて、日本でなじみがあるルールです。

ただし交換枚数によって追加ベット(ドローコスト)がかかります。

ドローコストはアンティと同額(1枚か5枚)、アンティの2倍(2枚か4枚)、アンティの3倍(3枚)です。

カードの交換方法

  1. 交換したいカードをクリック
  2. 枚数によって「DRAW COST」に必要資金が追加される
  3. 「Draw」をクリックして交換完了

ディーラーはハンドが「ハイカードでAとKがない」場合、ゲームを強制的に降ります。この時の配当はアンティの2倍のみで、コール分はもらえません。

そのためカード交換をせずに勝てそうなら「コール」、負けそうなら「フォールド」で損切りも有効です。

Aか絵札ならペアなしでコールも有効

戦略とアンティ額にもよりますが、個人的にはフォールドをよく使います。

フォールドを使う理由

  • 相手の非公開4枚に「A」がある可能性がある
  • 相手の非公開にペア以上がある可能性がある
  • コールもベットがかかる(アンティの2倍)

そのため「2〜9のハイカード」なら、なおさらフォールドすることが多いです。

実際に勝ったゲーム結果

相手の公開カード(一番左のカード)より強い「ワンペア」で勝ちを積み上げました。

オアシスポーカーのワンペア勝ち

60ドル勝ち

  • 自分:ペア(Q)
  • ディーラー:ペア(7)

オアシスポーカーのスリーカード

100ドル勝ち

  • 自分:スリーカード(J)
  • ディーラー:ペア(4)

オアシスポーカーのツーペア

80ドル勝ち

  • 自分:ツーペア(6と4)
  • ディーラー:ペア(A)

基本戦略は「相手の公開カードより強いワンペア以上でコール」して、それ以外はフォールドで勝率アップします。

今月の登録キャンペーン

-ポーカー

© 2020 カジプレ