オンラインカジノ 歴史

オンラインカジノの世界歴史です。

1994年
カリブ海に浮かぶ国・アンティグア・バーブーダが、
「Free Trade and Processing Zone Act」という法律を可決し、
オンラインカジノの運営を初めて許可した。

1996年
1994年から2年にかけて初めてのオンラインカジノが出現し始めました。
現在でも存在するCryptoLogic、Boss Media、Microgamingが先駆者。

この年からこれら会社は運営だけでなく、
カジノシステムを他社の運営会社に提供する形式に移動し始める。

1998年
初めてのプログレッシブジャックポットがMicrogaming社によりリリースされる。

1999年
Microgaming社が世界的に有名な監査会社を入れて、
カジノのペイアウト率(還元率)を証明してユーザーに公開するという手法を取り、
信頼度をあげることになった。

現在では監査は業界の通常になり、
ライセンスの取得と維持もこのような監査が必要である。

この年にオーストラリアでライセンス発行が実行される。

2001年
8,000,000人のユーザーが世界中でオンラインカジノでプレイしたことがある
という報告書がリリースされる。

この年にアルダニーとUKがライセンス発行を実行。

2002年
オンラインギャンブル市場規模が4,500,000,000USドルに達したと報告される。
1,590,000ドルという歴代最大のジャックポットウィナーが出てニュースをにぎわす。

2003年
ECOGRAというオンラインカジノ専門の基準監査機関が設立され、
運営者の運営体制やユーザーの安全性をより強化する動きが始まる。

アメリカがランドカジノのプレッシャーによりオンラインカジノへの入金を違法にする。

現在アメリカでは各州がこれに反発し州ごとでライセンス発行を行い、
州に住んでいる住民に対してオンラインギャンブルを提供する動きが盛んである。

この年にPlaytech社が初めてライブゲーム(ディーラーをライブストリーミングで映しギャンブルするゲーム)を提供し始める。

このようにオンラインカジノの歴史は始まり、
運営の誠実性、ユーザーの保護が年々強化されていった。

現在では多数のオンラインカジノ会社が世界中で上場しており、
メジャースポーツチームのスポンサーを行うなど信頼された業界へと成長している。

現在ではヨーロッパを中心に「合法化・法整備」が進んでおり、
各国でライセンスを発行して、税収入を確保する動きが盛んである。

日本では現在カジノ法案の議論が進んでいますが、
違法にしても水面下で違法カジノがなくなるとは限らないので合法化することで、

1.税収入の確保
2.違法カジノへの参加によるトラブルの未然防止

が期待できる分、日本でも合法化の方向に進んでいくと思っています。

出金しやすい(ハイローラーもおすすめ)

パイザカジノ
業界初でイーサリアムとBCH決済にも対応
コンプポイントの還元率が業界1位で2倍
出金限度額なしで即時対応
ベラジョンカジノ
現役プレイヤーが選ぶ「必勝カジノ大賞」1位
日本初のスマホカジノ(映像もキレイ)
出金限度額は最高25,000ドルにアップ

初心者も遊びやすい

ワンダリーノ
日本進出記念で初回入金ボーナス200%
500万円以上の賞金を独り占め
利用者数10万人以上の実績あり
カジ旅
無料登録だけで40ドルもらえるタイアップ中
ゲームコインを円で出金できます
クエスト型ゲームで初心者にもおすすめ

スポーツと麻雀

スポーツベット
試合を観ながらリアルタイムで賭けられる
今話題のeスポーツにも対応で最先端
初回入金100%ボーナスでお得に遊べる

DORA麻雀
業界初の現金が獲得できるオンライン麻雀
東風戦1回で1万円獲得も可能
無料トーナメントで負けてのノーリスク

よく読まれている記事です