ゲームルールと勝ち方

モンテカルロ法のやり方とプロのわかりやすい解説

モナコ公国のモンテカルロ地区

モンテカルロ法は資金の負担が少なく、最終的に収益を残しやすい賭け方です。

モナコ公国の「モンテカルロ」地区にあるカジノが、モンテカルロ法を使ったプレイヤーに破産に追い込まれたという逸話から名付けられました。

配当が2倍や3倍のゲームで有効なので、ルーレット・バカラ・ブラックジャックなどで使えます。

欲しい稼ぎ(目標勝利金額)によって賭け金額を調整できるので、初心者から上級者まで幅広く使える方法です。

モンテカルロ法の手順

紙とペンを用意し、数字を書いていきます。数字の単位は「ユニット」です。例えば1ユニット1ドルなら「1,2,3」、2ドルなら「2,4,6」、10ドルなら「10、20、30」となります。

step
1
1,2,3の両端数字を足す

モンテカルロ法でベット金額を決める

まず「1,2,3」の数列を書きます。両端の数字「1,3」を足した「4」が最初のベット金額です。

step
2
負けたらベット金額を右端に追加する

モンテカルロ法で負けたら右端に賭け金額を追加

もし負けたら、先ほどのベット金額「4」を右端に追加します。そして両端の数字「1,4」を足した「5」が次の賭け金額です。

step
3
勝ったら両端の数字を消す

モンテカルロ法で勝ったら両端の数字を消す

勝ったら両端の「1,4」を消します。残った「2,3」を足した「5」が次のベット金額です。

step
4
数字がなくなるまたは1つだけ残ったら終了

モンテカルロ法の終了(数字がなくなる)

次も勝ったら「2,3」を消します。すると数字がなくなり、この時点でモンテカルロ法は終了です。またステップ1に戻ります。

世界のヨコサワさんの動画解説

ポーカーの獲得賞金ランキングで世界一になったプロギャンブラー「世界のヨコサワ」さんは、モンテカルロ法で72万円勝ちました

解説メモ

  • 必勝法ではないがかなり負けにくい
  • 勝率61%(86ゲームで53勝)
  • ギャンブルの楽しみはそのまま(賭け金額を変えてベット)
  • カジノで堂々とメモしながらやってOK(出禁にはならない)

負けにくく楽しめるので、おすすめのベッティングシステムとのことでした。

ベットシミュレーションと損切り

1回の勝ちですべての負けを取り戻せる「マーチンゲール法」と、10連敗した時のベット金額(ドル)を比べてみます。

10連敗する確率は約0.1%なので、起こる確率は低いですがあり得る状況です。

連敗回数 モンテカルロ法 マーチンゲール法
1 4 1
2 5 2
3 6 4
4 7 8
5 8 16
6 9 32
7 10 64
8 11 128
9 12 256
10 13 512

モンテカルロ法で1ユニット1ドルなら、10連敗しても賭け金額は1,500円程度で済みます。もはや損切りというリスクヘッジも不要なくらい、小額でゲームを続けられます!

また世界のヨコサワさんが算出した、プレイ回数と破産確率です。

プレイ回数と破産確率

  • 100回:8.16%
  • 1,000回:61.44%
  • 10,000回:98.30%

100プレイなら、資金がなくなるリスクはわずか10%未満です。積極的に勝ちにいきましょう!

使えるゲームと遊べるカジノ

モンテカルロ法は配当が2倍・3倍のゲームに有効なので、ルーレット・バカラ・ブラックジャックなどで使えます。

有効なゲーム

  • ルーレット
    赤黒、奇数偶数、前半後半、カラムとダズン
  • バカラ
    引き分け以外
  • ブラックジャック
    基本配当が対象

ブラックジャックは「21」勝ちで配当が1.5倍になったり、基本戦略(ベーシックストラテジー)で勝率を上げることができます。そのため、ルーレットとバカラよりは適合率が下がるかも知れません。

ルーレット・バカラ・ブラックジャックはどのカジノでも遊べるので、ランキング・無料プレイ付き、入出金方法や限度額から選んでみてくださいね。

今月の登録キャンペーン

-ゲームルールと勝ち方

© 2020 カジプレ